大阪中央モラロジー事務所

モラロジーとは
 モラロジーとは
 「道徳」を表すモラル(moral)と「学」を表すロジー(logy)からなる学問名です。日本語では「道徳科学」と言います。

 当法人の前身である道徳科学研究所の創立者廣池千九郎(法学博士)が、著書『新科学モラロジーを確立するための最初の試みとしての道徳科学の論文』(昭和3年)の中で使った学術語(合成語)です。

 日本はもとより世界の倫理道徳の研究をはじめ、人間、社会、自然のあらゆる領域を考察し、人間がよりよく生きるための指針を探求し提示することを目的とした総合人間学です。


 育てたい3つの心
モラロジー教育では3つの心を育てます。

感謝の心
 大自然の恵み、また家庭や国の恩恵などに対する感謝の心は、自分の命はもちろん、あらゆる命を大切にする尊厳性をはぐくみます。そして恩返しをしたり社会や世界に貢献していく勇気を育てます。

思いやりの心
 相手の立場に立って考えることのできる思いやりの心は、人の喜びや悲しみ・痛みへの共感性をはぐくみます。そして自分を反省したり、相手を許す謙虚さや周囲に奉仕する深いやさしさを育てます。

自立の心
 夢や志に向かって、主体性を持って生きようとする自立の心は、家庭人、社会人、また国民としての責任感や使命感をはぐくみます。そして地域や社会に目を向けていくたくましさを育てます。


公益財団法人
モラロジー研究所について
 公益財団法人モラロジー研究所は、モラロジー(道徳科学)および倫理道徳の研究と、モラロジーを基盤とする社会教育(心の生涯学習)を推進する研究教育団体です。

 大正15(1926)年に法学博士・廣池千九郎によって創立され、以来、一貫して人間性・道徳性を高める研究事業、教育事業、出版事業を展開しています。

 関連法人の学校法人廣池学園(麗澤大学、麗澤中学・高等学校、麗澤瑞浪中学・高等学校、麗澤幼稚園)は、モラロジーに基づく「知徳一体」の教育を基本理念とし、国際社会に貢献する人材の育成をめざしています。また、財団法人麗澤海外開発協会は、発展途上国への技術協力を中心とした支援活動のほか、発展途上国を理解するための講演会やスタディツアー等を実施しています。

 関連団体の日本道経会は、廣池千九郎の「道徳経済一体」の理念に基づいて、経済社会の秩序的・永続的な発展に寄与することを目的とした活動を行っています。

大阪中央モラロジー事務所

〒542-0067
大阪市中央区松屋町8-3パインクレスト302

TEL 06-6762-2886
FAX 06-6762-2874
e-mail:
mc2874chuo@yahoo.co.jp





公益財団法人モラロジー研究所公式ホームページ